元カノと復縁したいなら元カノが復縁したいと思う男になれ

 

 

大好きな彼女に別れを告げられ

ついつい追いかけてしまい

元カノに嫌われてしまった。

 

images-133

 

 

LINEは既読スルー、、、

最悪、ブロックされて音信不通。

 

 

幸せだっと日々からの転落。

その幸せだった日々を思い出し

元カノしかいない!!

とおもいもう一度

復縁することを決意する。

 

 

そういうわけでiPhoneやスマホで

『元カノ 復縁』と検索し

復縁のための情報を収集する。

 

 

ふむふむ、、、

冷却期間は半年とればいいのか。

 

 

ふむふむ、、、

別れ際の手紙は効果的・・・

 

 

ふむふむ、、、

あちゃーーー元カノを

追いかけるのはダメだったのか。

 

 

 

 

・・・・と情報を

集めれば集めるほど

過去の自分の行動を責める。

 

 

 

(僕も昔、経験ありますw)

 

 

 

とりあえず、冷却期間は

最低半年間設けるとしても・・・

何をすればいいのかわからない。

 

 

情報がありすぎる。。。

 

 

といった経験はないでしょうか。

 

 

 

そして、、、多くの男性は

うわべだけのテクニックに

はまっていってしまう。。。

 

 

元カノとのメールは

こういうタイミングで・・・・

 

 

共通の知人を利用して・・・

 

 

元カノと再会したときは

とにかく話を聞いてあげて・・・

 

 

 

など、こういったテクニックに

溺れて復縁に臨もうとする。

 

 

 

だから・・・失敗するんです。

 

 

 

テクニックというのは

確かに強力ですが・・・

テクニックを使うあなた自身が

しょーーーもない人間だと

やはり見抜かれてしまいます。。。

 

 

 

そもそも考えて欲しいのですが・・・

 

 

テクニックで復縁できたら

別れることもなかったのでは

ないでしょうか?

 

 

 

ということで

本気で復縁したいのであれば

復縁のうわべのテクニックなどに

頼るのは絶対にやめましょう。

 

 

本当に大事なのは

うわべのテクニックではなく

 

元カノがあなたとヨリを戻したい

とついつい思ってしまう

そんな男になることなんです。

 

images-180

 

 

男の復縁は

あなたが追いかけてしまえば

復縁は絶望的になります。

 

 

一方で元カノがあなたを

追いかける構図だと

復縁は確実に成功します。

 

 

 

男の復縁は

追いかけるものではなく

追いかけさせるもの。

 

 

 

これを頭に叩き込んでください。

 

 

 

つまり・・・

冷却期間の間に

元カノが復縁したいと思う男に

進化しておくわけです。

 

 

 

別れ際に元カノを

追いかけたのであれば

元カノの中ではあなたに対して

マイナスなイメージを持っています。

 

 

 

しかし・・・

 

 

 

あなたが圧倒的に成長していれば

マイナスなイメージを

一気にひっくり返して

プラスに転換することができるのです。

 

 

 

そのマイナスからプラスの

ギャップの幅が大きいので

元カノはガツンと惹かれていきます。

 

 

だから、今、嫌われていても

音信不通であっても

ぜーーーんぜん問題ないのです。

 

 

 

冷却期間にあなたが

どれだけ成長しているのか。

どれだけ魅力的になっているのか。

 

 

これだけです。

 

 

 

たった◯日で復縁できます!!

 

 

なんて甘いことは言いません。

復縁はそんな

甘いものではありません。

 

 

元カノはあなたとの別れを

決断するのに2、3ヶ月悩んで

悩んでその結果、決断したのだ。

 

 

それなのに、たかが

うわべのテクニックなんぞに

自分の悩み抜いた決断を

覆されたらたまったもんじゃない。

 

 

 

そんなテクニックではなく

自分で勝負しよう。

 

 

あなたの魅力で元カノを

惚れ直させてみよう。

 

 

結局、これが男の復縁の本質

というわけです。

 

 

 

冷却期間での過ごし方が

あなたの成長速度を決めて

復縁の成否を決めるんです。

 

 

 

男としての魅力・・・

 

 

・外見

 

・内面

 

・コミュ力

 

・経済力

 

・他人からの評価

 

 

 

こういったあらゆる要素を

磨いていきましょう。

 

 

これだけすればオッケー

というものはありません。

とにかく磨き続けて

行動し続けてください。

 

 

 

ところで、あなたに質問です。

 

 

元カノの気持ちがもう冷めちゃって

心のどこかで「復縁は無理かな」と

思ってはいませんか?

 

 

はっきり言いますが、

そんなことはありません。

 

 

元カノの気持ちが冷めたとしても、

もう一度火をつけて惚れさせればいいだけの話。

 

 

冷めた元カノの反応をガラッと変えて、

ヨリを戻す方法を強者の復縁戦略を

公式メールマガジンでお話していますので、

本気で復縁したい方は下記よりご登録ください。

 

【成功者多数】冷めた元カノを振り向かせてヨリを戻す強者の復縁戦略

 

 

 

この復縁戦略は僕自身が復縁しただけでなく、

通じて数えきれないほどの

復縁成功者を生み出している方法ですので、

じっくり読んで学んでみてくださいね。

 

 

諦めたらそこで試合終了。

 

 

元カノを幸せにするのは

あなたしかいないでしょう?

 

 

 

なお、冷却期間を終えて

元カノとの再会をする

タイミングというのは

 

 

あなた自身が拘っているもので

大きな結果を出したときです。

 

 

 

小さな結果ではダメです。

誰しもが『すげええ!!』と

驚くような結果を出しましょう。

 

 

 

大きな結果を出していれば

あなた自身に『自信』と『余裕』

という大きな武器を

手にすることができます。

 

 

 

元カノに別れを告げられたときは

どうしようもない男性だったが

冷却期間を経て・・・

 

 

何か真剣に取り組むものを

持っており毎日充実している。

 

 

みんなに対してエネルギーを与え

多くの人から愛されている。

(女性からの告白も含む。)

 

 

さらに、大きな結果も出して

自信と余裕を兼ね備えている。

 

 

以前と比べて圧倒的にスタイルもよく

服装もおしゃれになっている。

 

 

仕事にも本気で取り組むため

出世コースにのったり独立し

年収も大幅にアップしている。

 

 

以前は元カノをみただけで

不安になりオドオドしていたが

余裕を持ち追いかけるのではなく

追いかけさせるくらい魅力的な

男性になっている。

 

 

でっかい夢を持って

まっすぐ前へ突き進んでいる。

 

 

 

こんな男性になりませんか・・・?

 

 

かっこよくないでしょうか。

 

 

果たして今のあなたは

こんな男性になれるような

毎日を過ごしているでしょうか?

 

images-112

 

 

元カノは今のあなたに

『失格』の烙印を押したのです。

 

 

ということはそのまま半年経っても

復縁できないのは明らかですよね。

 

 

 

別れた

 

 

私の彼氏として釣り合わない。

あなたじゃ私に見合う価値がない。

 

 

ということなんです。

口ではいってなかったとしても。

 

 

これじゃかっこ悪すぎませんか?笑

 

 

じゃあ、変わりましょうよ。

 

 

悔しいじゃないですか。

 

 

僕は悔しかったから

冷却期間に必死で頑張って

自分を変えてきたわけです。

 

 

 

男だったら愛する女性を

幸せにするために

頑張りましょうよ。

 

 

 

1人の女性に固執してダサい

と思われるかもしれませんが

 

 

1人の女性を幸せにするために

毎日真剣に必死で過ごしている

男性ってめっちゃカッコいいでしょ。

 

 

 

周りを見渡せば

上司や会社の愚痴しか言わない

もっとダサい男性ばかりなので

それに比べれば復縁しようと頑張る

男性ははるかにかっこいいです。

 

 

 

男ならやってやりましょう!!

 

 

男ならバカになれ!!

 

 

 

【最終章】

男なら「バカ」になって元カノを惚れ直させて復縁すべし!!!

 

 

 

↓ “最も可能性が高い”
復縁方法はこちらをクリック!

optin-cta1 (1)

 

 

 

 

 

当サイト厳選17記事はコチラ!

復縁したいなら必ず読んでおこう!!

https://fukuen-kano.com/復縁の流れ/本気で元カノ復縁したいのであれば、絶対に読ん/

 

 

【関連記事】

【男の復縁】女性からの復縁より男性が元カノと復縁するのは難しい?

 

┏━━━━━━━━━━━━━
◆記事まとめ
┗━━━━━━━━━━━━━

⇨【記事まとめ】

(Visited 10,364 times, 9 visits today)

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ